北京

故宮(紫禁城)
かつて紫禁城と呼ばれ、明と清の2王朝にわたって政治権力の中枢であった故宮は、世界でも屈指の博物館というだけではなく、清朝建築の精華が凝縮された中国建築の博物館でもある。 現存する建物のほとんどが清朝になってから再建されたものであるが、その構成は、極めて古い伝統に基づき、古代の思想や技術を受け継いだ中国建築の伝統を今に伝えている。 約72万平方mという世界でも例の無い巨大な敷地につくられた宮殿群や庭園は、修復と保護によって2王朝の栄華を再現し、見る物を圧倒します。

天安門広場
中国の北京の故宮天安門に隣接するところにある広場。南北880メートル、東西500メートルにわたる世界最大級の広場である。

万里の長城
 万里の長城はあまりにも有名であり、世界遺産に登録されていることは勿論であるが、その規模は世界最大で、月から見える唯一の建造物であると言われている。紀元前7世紀に北方民族の侵入に備えて造られた城壁を、紀元前3世紀に秦の始皇帝がつなぎ合わせたものであると言われており、その長さは6,000kmに及ぶ。ただ、現在の長城の殆どは明の時代に改築されたものらしいが、そのスケールの大きさには圧倒される。