上海

豫園
上海の黄浦区に位置する豫園地帯は、元、明、清の時代から中華民国初年にまでの700年来、ずっと上海の政治、経済、文化の中心となっていて上海特有の文標識と文化の重要な場所でありました。現在上海で一番の観光スポットであり多くの外国人で朝から夕方までいつでも混雑しています。日本からの団体観光客はまず最初にここを訪問します。

外難
上海市の中心部で、同市街を流れる黄浦江の西岸地区。ここは19世紀後半から20世紀初頭にかけて、租界が置かれたところで、当時のレンガ造りの洋風建築が残る、異国情緒あふれるエリアになっている。◇「バンド」(The Bund)は、「築堤」や「埠頭」を意味する、この地区の英名。観光客が集まる人気のスポットとなっている。

新天地
新天地は、歴史的風貌を持つ都市観光のスポットであり、飲食、ショッピング、ショーが一体化された娯楽スポットである。 新天地広場は、上海の中心地帯にあり 新天地の石庫門の路地に奥深く入れば、青煉瓦と黒煉瓦造りの建物が軒を並べている。 アーチ型の玄関、戸の枠の横木と家の軒、窓台が優美で当時の情緒を今に伝えている。 石庫門の中は別の風景が見られます。